ヒグマに頭をかじられアゴも半分失い死にかけた猟師が、それでも「クマ撃ち」をやめない理由

国内2019年8月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 北海道札幌市の住宅街にヒグマが出没し、住民を恐怖に陥れた(その後ヒグマは14日に射殺された)。一方で狩猟肉=ジビエの流行とともに “究極の狩猟”とも言うべき「クマ撃ち」を描き話題を集める『クマ撃ちの女』をはじめ、ハンターを主人公にしたコミックが次々とヒットしている。国内最大の猛獣「クマ」とは、どんな動物なのか? そして知られざる「クマ撃ち」の世界とは? 北海道旭川市在住、「クマ撃ち」歴38年のベテラン猟師・Hさんに話を聞いた。

 ***
...

記事全文を読む