東海大相模に屈するも…高校球界屈指「近江バッテリー」が見せた“渾身の一球”

野球2019年8月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 優勝候補同士の“直接対決”は、思わぬ点差で決着した。

 8月11日に行われた夏の甲子園第6日の第2試合。東海大相模(神奈川)は、近江(滋賀)を6対1で破って3回戦進出を決めた。チーム力は均衡すると見られていたが、何が勝敗を分ける要因になったのか。試合展開を振り返りながら検証してみたい。...

記事全文を読む