「逆転の習志野」 エース飯塚の鬼気迫る投球に感じた“大器”の予感

野球2019年8月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 夏の甲子園第4日目、8月9日に行われた習志野(千葉)と沖縄尚学(沖縄)の対戦は3万9000人の大観衆が期待した通りの“大熱戦”となった。

 習志野が2回と4回に1点ずつを奪ってリードする展開も、4回裏に沖縄尚学が集中打で3点を奪って逆転した。5回表にすぐ習志野が同点に追いつくが、6回裏に沖縄尚学は一死満塁から6番、奥原海斗(3年)のスクイズで勝ち越しに成功。このまま試合は9回まで進み、沖縄尚学が逃げ切るかと思われた。しかし、習志野は9回表一死ランナーなしからチャンスを作ると、1番の角田勇斗(2年)のタイムリーで同点に追いつき、延長10回表には7番、和田泰征(2年)のタイムリーツーベースで勝ち越して、試合を決めた。...

記事全文を読む