「浜崎あゆみ」告白本への苦言は的外れ、エイベックスと本人合作の炎上商法

エンタメ 芸能 2019年8月5日掲載

  • ブックマーク

 歌手・浜崎あゆみ(40)の半生の一部が本人の話に基づいて綴られた『M 愛すべき人がいて』(小松成美著、幻冬舎)が物議を醸している。所属レコード会社・エイベックスの松浦勝人会長兼CEOとの恋愛を暴露したためである。かつてドラマで共演したことのある女優の遠野なぎこ(39)は「ただの痛い人になってしまった」とこき下ろした。とはいえ、実は浜崎と周囲が計算した上で出版に踏み切ったらしい。浜崎が暴走したわけではない。

 ***...

記事全文を読む