なぜ「柴咲コウ」は実力もあるのに露出が少ないのか 知る人ぞ知る“こだわり”

芸能 2019年8月5日掲載

  • ブックマーク

仕事をセーブ?

 柴咲コウ(37)の公式Instagramを見てみよう。例えば7月7日には、花瓶に飾られた美しい花、手巻き寿司のアップ、そしてトマトソースの煮込み料理が映された3枚の写真が掲載されている。

 ***

 その前の投稿は、美しいアクセサリーの写真と共に、「つゆやすみではあるが、FNS歌謡祭のリハーサルや、とある撮影で遠方に行ったりは、しているのですよ」とある。

 3つ目の投稿には、紫陽花の写真と共に「こころは、つゆやすみ 来月になったら再始動」と書き込まれている。

 どうやら柴咲は7月下旬、「梅雨休み」を満喫していたようだ。それは彼女の出演作品が、次々と放送されたり、公開されたりする状況にないことを意味する。

 2017年、柴咲コウはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主人公の井伊直虎を演じた。この時、名実共に日本を代表する女優の1人になったと言っていいだろう。ところが、その後の仕事が続かない。表にまとめてみた。

 背景を芸能関係者に訊くと、「理由は2つあります」と解説する。

「自分が本当に気に入った作品しか出演しなくなったというのが理由の1つ。そしてもう1つの理由が、実のところ柴咲さんは女優より歌手に強いこだわりを感じているということです。03年にRUIの名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌『月のしずく』が100万枚を超える大ヒット曲となりましたが、その後、ヒットに恵まれていません。どうやら事務所と柴咲さんとの間に齟齬があるみたいです」

 上の表でも、18年5月に歌手「MuseK」としての新曲発表が記載されている。厳選に厳選を重ねた中に歌の仕事が入っているのだから、やはり彼女としては想いが強いのだろう。

 だがその一方で、今年4月から6月にかけてはWOWOWで主演ドラマ「坂の途中の家」が放送された。さらに20年には映画「燃えよ剣」の公開が控えている。主演は岡田准一(38)で監督は原田眞人(70)と、賞狙いの要素もある作品だ。まだまだ「女優・柴咲」の商品価値は極めて高いようだ。

「アパレルブランドの経営も任せるなど、とにかく所属事務所のスターダストプロモーションとしては、辞められないことを最優先にしているのだと思います。ただ、特に事務所としては“露出が減る恐怖”は感じていてもおかしくありません。実際、今の10代は柴咲コウという名前を知らないでしょう。芸能界というのは残酷なところで、どんな駄作でも名前を売るためには出演を重ねるのが一番なんです」(同・芸能関係者)

 かつてライバル視された女優といえば、長澤まさみ(32)、綾瀬はるか(34)、宮崎あおい(33)という顔ぶれになる。

「3人の女優さんと比べると、柴咲さんが持つ最大の特徴は頭の良さですね。学校の成績を指すのではなく、クレバーという意味です。脚本を読む力があるから、気に入ると脇役でも喜んで出演しちゃう。何が何でもスターを目指すというタイプではありません。制作サイドにとっては素晴らしい女優さんですが、“マネー・メイキング・スター”の座を自分から降りてしまった物足りなさもある。作品を選ぶということと、歌への強い想いを事務所が上手にコントロールして、正真正銘の大女優の座を目指してほしいですね。そうじゃないと、もったいないですよ」(同・芸能関係者)

週刊新潮WEB取材班