神戸6歳女児「わいせつ殺害犯」が死刑破棄…「裁判員裁判は何のため?」遺族語る

国内 社会 週刊新潮 2019年7月18日号掲載

  • ブックマーク

「何のために裁判員裁判をしたのか」。最高裁の決定後に出された遺族のコメントが全てを物語る。一審の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審判決が確定する「神戸女児殺害事件」。同様のケースが相次いでおり、識者からは「裁判員制度の否定」との声も上がる。...

記事全文を読む