Nスぺ「恐竜超世界」で話題! 日本人学者が解明、恐竜界を50年悩ませ続けた“恐ろしい腕”の謎

社会2019年7月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

ド派手でモフモフの恐竜?

 放送前から大きな話題となっていたNHKスペシャル「恐竜超世界」。7月7日に放送された「見えてきた! ホントの恐竜」には、驚きの恐竜たちが登場した。カラフルを通り越してド派手な恐竜、ふさふさの羽毛をまとい「モフモフ」したくなる恐竜――。
 これまでの「恐竜イメージ」を、完全に覆された人も多かったのではないだろうか。

 こうした驚愕の最新研究を提供しているのは、恐竜学者の小林快次・北海道大学教授(47)だ。番組で映し出されたように、1年の3分の1はアラスカのほかカナダやモンゴルの「極地」で過酷な発掘調査を行う。...

記事全文を読む