薬物乱用、性接待…「BIGBANG」の所属事務所がスキャンダルまみれで崩壊寸前

韓国・北朝鮮 2019年7月4日掲載

  • ブックマーク

トップ2人が揃って辞任もバッシングは止まず

 防弾少年団(BTS)、TWICEなどのブレイクにより、日本で勢いを盛り返すK-POP。だがお膝元の韓国ではいま、その業界が大きく揺れている。K-POP3大音楽事務所の一つYGエンターテインメント(以下YGエンタ)が、尽きない不祥事とバッシングで存亡の危機に立たされているのだ。

 YGエンタは個性とアーティスト性を強みとして、内外で高い人気を集めてきた。看板スターの男性グループBIGBANGは、日本で海外アーティスト初の5年連続ドームツアーを行った実績を持つ。また同じく女性グループのBLACKPINKは今年4月、米誌『フォーブス』の「アジアで影響力のある30歳以下の30人:エンターテインメント&スポーツ部門」に選ばれた。この30人には、YGエンタの女性グループ2NE1出身のCLも含まれている。同社はまた勢いに乗り、俳優やタレントのマネジメントにも進出。「冬のソナタ」でおなじみのチェ・ジウをはじめ、カン・ドンウォン、チャ・スンウォンらトップクラスの韓流スターを迎え入れてきた。

 だがこれまでYGエンタを率いてきた創設者のヤン・ヒョンソク代表は、6月14日に「全ての役職と業務から降りる」と宣言。またその実弟で成長に大きく貢献した代表取締役ヤン・ミンソクも、同じ日に辞任を表明した。

 トップ2人が揃って一連の不祥事にけじめをつけた形だが、それでも同社への疑惑やバッシングは収まらない。公営放送KBSは同月18日、「YGに対する不買運動」が急速に広まっていると報じた。また大統領官邸ウェブサイトの国民請願掲示板には、「YGエンタの芸能活動停止を求める」という請願が登場。6月30日現在、約4万200人の同意を集めている。そうしたなか、複数のメディアで所属芸能人の「脱退」まで囁かれる有様だ。

次ページ:PSYまで絡んだ性接待疑惑は世界のニュースに

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]