戸塚ヨットスクール校長が「中年引きこもり問題」にもの申す! 「日本は潰れます」

国内 社会 週刊新潮 2019年6月20日号掲載

  • ブックマーク

中高生は手遅れ

 戸塚ブシの評価は読者に委ねるとして、平成を経て令和になっても、戸塚サンがいささかもブレずに一貫していることだけは、疑いの余地がなさそうだ。

「うちの教育の基本は大和魂。これは心身一如、精神が肉体を動かすという考えに基づく科学的な進化論です。かつて登校拒否児たちを預かっていたときも、大和魂で教えたからこそ、彼らを治すことができました。それなのにマスコミは私たちを潰した。“力による教育はイカン”と唱える連中が、力でもって私たちを潰したのです」

 その結果、もはや手遅れなのだという。

「日本は潰れます。もう立て直すこともできませんから、うちではこう言っています。“日本が潰れた後に盛り返していける人材を育てよう”。だからいま、うちのスクールでは幼児教育が中心です。日本の教育が失敗している原因は3~8歳、幼稚園から小学校低学年の子供たちの教育がきちんとできていないところにあるからです。昔と違って、中学、高校からうちで預かっても手遅れ。ない袖は振れない。進歩する能力が備わっていない人間を教えても、意味がありません」

 戸塚ヨットスクールが昭和、平成、令和と続いているのは、極論のなかにも説得力があるからか。

ワイド特集「『令和』に踊る『昭和』の影法師」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]