ひきこもり100万人時代、「8050問題」はなぜ起きたのか

社会週刊新潮 2019年6月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年3月、内閣府は40歳から64歳を対象としたひきこもり実態調査の結果を発表した。中高年層を対象にした調査は初めてである。そこで明らかにされたのは、あまりに衝撃的な数字だった。

 その数61万3千人――。若年層を越える結果が出たのである。...

記事全文を読む