「元農水次官」がエリート校出身の息子を刺殺するまでの「家族の肖像」

社会週刊新潮 2019年6月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 元農林水産事務次官の熊沢英昭(76)に殺害された長男、英一郎さん(44)の家庭内暴力は、中学2年の時に始まっていたという。長きに亘った家族の修羅。それに“結着”をつけた元次官の背中を押したのは、直前に起こった無差別殺傷事件だった――。...

記事全文を読む