NHK「レンタル家族」やらせ騒動 元スタッフが明かす「依頼者を演じたのは私」

エンタメ週刊新潮 2019年6月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「レンタル家族」社長に恩を仇で返された「NHK」(1/2)

 独り身の侘しさを埋めたい。事情があって自分の親を交際相手に紹介できない。そんな人に“家族”を貸し出すのが「レンタル家族」である。このビジネスを手がける「ファミリーロマンス」の石井裕一社長(38)は海外からも注目され一躍時の人となったのだが……。

 ***

 日本時間の5月26日未明まで開かれていたカンヌ国際映画祭で、ドイツの名匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督の新作が上映された。

 タイトルは、「ファミリーロマンス社」。客の依頼に応じて家族や恋人を演じる日本のレンタルサービス会社の日々を描き、世間体を気にする日本社会の悲哀も浮き彫りにしている。

 その主人公である代行サービス業の男性を演じたのが、石井裕一。実際に、「レンタル家族」を手がける代行業「ファミリーロマンス」の社長だ。

 彼はまさに、いまをときめく存在といっても差し支えあるまい。誰もが知る世界最高峰の映画祭の上映作で主演しただけでなく、この数年、国内外のメディアから引っ張りだこなのである。少し長くなるが、その例示にお付き合い願いたい。

 たとえば、一昨年。フランス国内でもっとも売れており、“知識人の週刊誌”と呼ばれる「ロプス」で活動が取り上げられた。昨年4月には、アメリカの一流誌「ザ・ニューヨーカー」が大特集。石井社長などへのインタビューを交え、レンタル家族の実態を報じた記事は、

〈60代会社員の告白「2年前から妻と娘を“レンタル”しています」〉

 と和訳され、会員制ウェブメディア「クーリエ・ジャポン」の今年2月号で25ページにわたり掲載されている。

 さらには、アメリカやドイツをはじめとする海外テレビでも紹介されてきた。そして今年4月には、なんと、あのハーバード大学でも講演しているのだ。

 むろん国内のメディアも“総ナメ”状態。NHKと民放キー局全局の情報番組からドキュメンタリーまで、あらゆる番組で扱われてきた。ラジオや新聞、雑誌の紙媒体もしかり。かくいう本誌(「週刊新潮」)も、昨年4月に“インスタ映え”の実態を特集した際、「リア充アピール代行」なるサクラの派遣サービスに関する石井社長の談話を20行ほど掲載している。

次ページ:石井社長とは何者か

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]