トリニダード・トバゴ戦で酷評された3バック、実は大正解というこれだけの根拠

スポーツ2019年6月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

6月9日はエルサルバドル戦

 森保一監督が、就任15戦目にして初めて採用した3BK(スリーバック)による3-4-3の新布陣も、“勝利”という結果が出なければメディアは「森保不発」とか「大凡戦」として疑問を呈した。トリニダード・トバゴを迎えて6月5日に開催されたキリンチャレンジ杯で、日本は圧倒的に攻めながら0-0のスコアレスドローに終わったからだ。
...

記事全文を読む