立命館大准教授が「イスラム国」幹部になるまで 近隣住民は「子煩悩な父だったけど…」

社会週刊新潮 2019年6月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 22人の命を奪ったテロリストは“日本人”だった。3年前バングラデシュで起きたテロ事件の容疑者がこのたび、イラクで拘束されたと報道されている。その男の名は「オザキ」――。立命館大学の准教授だった彼が「イスラム国」幹部になるまでを追った。...

記事全文を読む