「令」に一番近い日本語は「うるわしい」 「令和」の考案者と目される国文学者が意味を解説

社会2019年5月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 元号が平成から令和に替わり、10連休も終了した。そこかしこで持て囃される「令和」。その考案者と目される国文学者・中西進氏はこの4月インタビューで「令」という漢字について問われ、「辞書を引くと、令とは善のことだと書いてあります。つまり、令の原義は善です」と言い、次のように答えていた。

〈「品格のあること、尊敬を受けること。そういう意味での『よいこと』が令です。そして、令に一番近い日本語は何かといえば、『うるわしい』という言葉です」
 ――安倍首相は「美しく」と談話で言っていましたが。...

記事全文を読む