幼児虐待と少年犯罪の因果関係、「三鷹ストーカー殺人事件」の犯人が育った劣悪な環境

社会 2019年6月1日掲載

  • ブックマーク

 少年犯罪の「心の闇」に光をあて、虐待が少年たちの心を壊す、そのメカニズムを解明した『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(平凡社新書)がこの5月に刊行された。著者は、川崎中1男子生徒殺害事件のルポで新境地を開いた石井光太氏(42)。

 リベンジポルノが社会問題視されるきっかけとなった、2013年10月8日三鷹ストーカー殺人事件。当時高校3年生でタレントだった被害女性が、元交際相手だった池永チャールズ・トーマスからストーカーされ、自身の性的画像や動画をネット上に流され、挙句に刃渡り13センチのペティナイフで首や腹を11か所刺されて殺されたという凄惨な事件である。...

記事全文を読む