安倍総理「改憲」の本気度が今一つ伝わってこない、これだけの理由

国内 政治 週刊新潮 2019年5月30日号掲載

  • ブックマーク

 日に日に勢いを増す永田町の“解散風”。

 今月17日には、会見で、〈内閣不信任決議案が衆院解散の大義になるか〉と問われた菅義偉官房長官が、

〈当然なるのではないか〉と回答。通常国会の会期末に内閣総理大臣の不信任決議案を提出するのが慣例となっている野党を刺激したのは、ご存知の通りである。...

記事全文を読む