「パリ人肉事件」佐川一政のいま、ドキュメンタリー映画に出演の実弟が初告白

国内 社会

  • ブックマーク

 7月12日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される「カニバ/パリ人肉事件38年目の真実」(監督・撮影・編集・製作:ヴェレナ・パラヴェル、ルーシァン・キャステーヌ=テイラー)は、あの佐川一政氏(70)が主役のドキュメンタリー映画だ。ヴェネチア国際映画祭ではオリゾンティ部門審査員特別賞を受賞したが、その「プレミア上映では半数の聴衆が途中退席した」(The Globe and Mail紙)という問題作である。

 1981年6月、パリ第3大学(いわゆるソルボンヌ大学のひとつ)の博士課程に在籍していた佐川一政(当時31歳)は、友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺。...

記事全文を読む