米「原油禁輸制裁」対抗でイラン・中国「秘密取引」の可能性

国際Foresight 2019年5月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 米国の「違法な」制裁を回避するために、イランは「すべての手段を行使し、石油をグレー・マーケットに販売する」と石油副大臣が語った、とのロイター電(2019年5月5日「Iran using all resources to sell oil in 'grey market’:deputy minister」)を読んで、閃くものがあった。

 日本が、国家備蓄、民間備蓄に準ずる「第3の備蓄」と位置づけ、2009年より実行している「産油国共同備蓄」の仕組みを使えば、イランは米国制裁に触れることなく、大量の石油を消費市場のそばに貯蔵しておける、制裁が解ければすぐに大量に販売することができる、あるいは場合によってはこっそりと売ることすらできる、のではないか。...

記事全文を読む