巨人の「捕手問題」、小林、炭谷、大城のローテ制を考える【柴田勲のセブンアイズ】

スポーツ2019年4月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 巨人が甲子園で阪神を3タテ、相手のミスに乗じた面も結構あったが、まずは首位に浮上した。このままいくとは思えないが、まずは今後の戦いに弾みが付いたはずだ。

 今回は巨人の「女房問題」について話したい。現在、小林誠司、炭谷銀仁朗、大城卓三、それに4年ぶりに捕手に復帰した阿部慎之助の4人制を敷いている。...

記事全文を読む