伊藤詩織さんを逆提訴で1億円請求、「安倍首相ベッタリ記者」のメンタリティ

国内 社会 週刊新潮 2019年4月18日号掲載

  • ブックマーク

 安倍総理ベッタリ記者こと山口敬之・元TBSワシントン支局長(52)に準強姦容疑で逮捕状が発付されて早4年。山口記者は、「レイプされた」と訴える伊藤詩織さんに1億3千万円の損害賠償を請求している。

 ***

 他人(ひと)のフンドシで相撲を取るような者はその重みをよく知っていて、だからこそ、そのフンドシは自分のものだと思い込みたいものだ。

 例えば、ものした著作二つの表紙いずれにも、安倍晋三首相の写真を使う書き手のメンタリティは、その最たる例であろう。

 真偽のほどは判然としないが、その書き手、すなわち山口敬之記者の著書は、TBS時代に経験した「オレオレ自慢」に溢れていて、

〈中川昭一代議士の通夜に安倍さんから誘ってもらえるオレ〉

〈衆院解散用の会見原稿を安倍さんから読み聞かされるオレ〉

〈安倍さんから“山ちゃん”とあだ名されるオレ〉

〈安倍さんから麻生さんへのメッセンジャーを依頼されてちょっと困るオレ〉

 などといった具合である。

 あるいは彼には、特捜検察に助成金詐欺容疑で逮捕・起訴されることになるスパコン会社の顧問の顔もあった。この会社は、ザ・キャピトルレジデンス東急の家賃約200万円の部屋を自由に使わせるという厚遇で山口記者を迎えていた。それはともかく、スパコンの営業先にこの著書を名刺代わりに持ち込み、〈時の最高権力者と仲良くしてきたオレ〉というアピールが、彼の口から語られたこともあった。

 そんなこんなで「総理ベッタリ」と呼ばれる山口記者には、「彼にレイプされた」と訴えるフリージャーナリスト・伊藤詩織さんとの間に民事の係争案件が存在する。

 詩織さんは2017年9月に山口記者に1100万円の損害賠償を求めて提訴したが、19年2月になって今度は、山口記者が1億3千万円を求めて反訴するに至ったのである。

取り消された逮捕状

 ここで改めて、「レイプ」から係争に至る経緯を振り返っておこう。

 15年4月3日、TBSのワシントン支局長だった山口記者が一時帰国した折、TBSへの就職を検討していた詩織さんと会食した。山口記者のホームグラウンドである東京・恵比寿で2軒目までハシゴしたところから意識を失った彼女は、その後タクシーに乗せられた。車中で彼女は嘔吐しつつも、タクシーは港区内のホテルへ。翌日早朝、性行為の最中に目が覚めた。

 詩織さんの刑事告訴を受け、高輪署は捜査を開始。その年の6月、準強姦容疑での逮捕状を携えた高輪署の捜査員が、機上の人となっていた山口記者を逮捕すべく成田空港でスタンバイしていた。しかし、その直前に逮捕は中止された。それは、当時の警視庁刑事部長で現・警察庁官房長の中村格(いたる)氏が、「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と本誌(「週刊新潮」)の取材で認めている通りである。

 中村氏は菅義偉官房長官の秘書官を長らく務め、その絶大な信頼を得ており、総理ベッタリ記者逮捕の中止命令は官邸への忖度ではという疑問が世の中に今もなお燠(おき)のように燻(くすぶ)っているのだ。

 警察庁の関係者によると、

「(警視庁)本部の(捜査)1課から、(捜査を担当する)高輪署の刑事課長に“この件はこちらで引き取る”旨の連絡があったようです。課長は“捜査介入だ”なんて言えません。“はい、わかりました”ということで、諒とするわけです」

 捜査を継いだ警視庁からの書類送検を受けた東京地検は、ほぼ1年後の16年7月に不起訴と判断。詩織さんは17年5月、検察審査会に審査申し立てを行なったものの、9月に「不起訴相当」の議決が出た。

 そこで詩織さんは弁護団と協議のうえ、山口記者を提訴していたのだった。訴状の中には、かねて本誌で報じてきた事実とともに、吐き気やパニック症状が続発する窮状が綴られている。山口記者のことを思い出したり、事件シーンが突如として脳裏に甦ることがあるからだ。

次ページ:本質はデマゴーグ

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]