娘を性のはけ口にした父がまさかの無罪! 判決文に見る「鬼畜の所業」

社会週刊新潮 2019年4月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 最難関の司法試験を通過した秀英の中で、最もエリートとされるのが裁判官らしい。法に基づき裁きを下し、社会秩序に貢献する。だが、この世評も今一度、疑ってみた方がよさそうだ。娘を性のはけ口にした父が、まさかの無罪というバカ判決はなぜ下されたのか。

 ***...

記事全文を読む