塚田一郎議員、母が1億円騙し取っても被害者に「忖度」なし! 問われる政治家の資質

政治週刊新潮 2019年4月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

母親が1億円騙し取っても被害者には忖度しない「塚田一郎」(2/2)

 忖度発言で国交副大臣を辞した塚田一郎参議院議員(55)を指して、「母親が抱える深刻な問題に気づいていたはずです」と証言するのは、新潟県長岡市の会社経営者、小山三枝さん(78)=仮名=だ。“母親”とは御年88になるTさん、“深刻な問題”とは借りたまま返さない彼女の借金を指す。小山さん以外にも、被害者は複数人いる。借金は一郎議員の選挙資金にも利用され、また議員の名前を利用した借金もあったというから、本人にとってもひとごとではないのだ。

 ***...

記事全文を読む