忖度辞任・塚田一郎議員の破天荒母に借金問題  「最後は息子が払います」が決まり文句

政治 週刊新潮 2019年4月18日号掲載

  • ブックマーク

母親が1億円騙し取っても被害者には忖度しない「塚田一郎」(1/2)

 忖度という語に敏感になっている世の中の空気さえ読めず、国土交通副大臣を辞任。あまりにトホホな塚田一郎参議院議員(55)だが、実はこの人には、本来なら忖度しなければならない相手が大勢いた。実母が借金したまま返していない、数々の被害者である。

 ***...

記事全文を読む