上野千鶴子名誉教授の東大生への祝辞、『妻のトリセツ』……男女の「脳」のちがい論争の根拠は?

社会2019年4月18日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 男性の脳と女性の脳にちがいがあるのか――この問いに関連した話題が続いている。一つは、ベストセラー『妻のトリセツ』(黒川伊保子・著)にまつわる論争。夫婦間のすれちがいの一因を脳のちがいに求めた同書に対して、朝日新聞はその「科学的根拠」に疑問を呈する記事を掲載している。

 また、4月12日に行なわれた東京大学の入学式における上野千鶴子名誉教授の祝辞にも、この問題に関連した部分がある。新東大生への熱いメッセージが大きな反響を呼んだこの祝辞の中で、上野教授はまず昨年来問題となっている医大や医学部の女性差別を取り上げてこう述べる。...

記事全文を読む