『ロケット・ササキ』外伝(3・了)「コンピューター」と格闘を続けた「浅田篤」

ビジネスForesight 2019年4月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 浅田篤が早川電機工業(現シャープ)に入社したのは1955年。社員数はまだ1300人で、創業者の早川徳次が誕生日の社員を社長室に呼び、紅白饅頭を手渡すような家族的な雰囲気が残っている時代だった。朝鮮戦争の特需で国内の景気は上向き、皇太子(今上天皇)ご成婚の中継を自宅で観よう、というので白黒テレビが爆発的に売れた。

「会社の未来を語る会」

 日本で初めてテレビを量産した早川電機は大いに販売を伸ばしたが、当時のテレビは部品の品質が安定せず、よく故障した。...

記事全文を読む