深田恭子、フジ夏ドラマのヒロイン内定 “奇跡のアラフォー”

芸能週刊新潮 2019年4月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「奇跡のアラフォー」と呼ばれる深田恭子(36)が、ただいま絶好調。プライベートでは「年商200億円男」との熱愛が発覚したばかりだが、仕事の面でも主演した「冬ドラマ」でヒットを飛ばし、さらに、「夏ドラマ」でもヒロイン役が内定しているという。

 冬ドラマのなかで注目を集めたものの一つが、「初めて恋をした日に読む話」(TBS系、火曜夜10時)。深田演じる塾講師が、タイプの異なるイケメン3人から言い寄られるというラブコメディだ。

 視聴率は好調をキープし、最終回に番組最高の9・6%を記録した。結果、放送終了後には、「はじこいロス」という現象まで取り沙汰されるほどだったのである。

「ドラマは、脚本の良し悪しも視聴率に影響します」

 とは、芸能レポーターの城下尊之氏である。

「“はじこい”では、深キョンが30代の恋愛下手な女性を演じ、時代にマッチした役柄ということもあってヒットしたわけです。デビューしてからの数年間は、アイドルとして男性人気が高かったのですが、彼女も年齢を重ね、女性が共感できる役どころを演じられるようになって、余計に人気が出てきたのです」

次ページ:次はイケる

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]