「スクールカースト底辺」を大人になっても引きずり続けた31歳女性の復讐劇

姫野桂 「普通の女子」になれなかった私へ 社会 2019年4月12日掲載

  • ブックマーク

 2018年に東洋経済オンラインで最も記事が読まれ、新書『発達障害グレーゾーン』が現在5刷の気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」待望の第3回です。今回のテーマは「スクールカーストが大人になっても与える影響」。姫野さん自身は学校を卒業してもしばらくスクールカーストを引きずり、苦しい思いをしたとのことですが……。

***...

記事全文を読む