令和を担う「次代の皇室」に囁かれる懸念 女性宮家創設、「小室圭さん」がネックに

社会週刊新潮 2019年4月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 そのコメントには明らかに予定調和の響きがあった。

「にこやかにお聞き届け頂いた」――。1日、宮内庁の西村泰彦次長が皇太子さまに新元号を伝えた際の印象である。それもそのはず、

「これは、“3月29日に安倍総理から皇太子さまにお示しした案が結果としてこうなりました”という『ご報告』に当たります。要するに、具体的な案をこの時すでに皇太子さまにお伝えしていたのです」

 と、官邸関係者のひとり。...

記事全文を読む