東京では2人に1人が花粉症、大気汚染は改善されても今後も患者は増加する“皮肉”

ライフ2019年4月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この季節になると、花粉症対策でマスク着用の人々を街で見かけることは多いが、特に近年は花粉症患者自体が急増し問題となっている。2017年末に発表された直近の調査では、東京都は都民のスギ花粉症推定有病率が48.8%にも上ったという結果を発表した。2人に1人が花粉症というのはあまりに衝撃的である。一体、どうして花粉症患者はここまで増えてしまったのだろうか。

 ***...

記事全文を読む