「福生病院」院長が語る“人工透析と尊厳死” 治療再開の意思に病院は応じず

社会週刊新潮 2019年3月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

治療再開の意思に病院は応じず…「人工透析」と「尊厳死」(1/3)

「今回の件で、命についての議論がかなり深まると思います。命の根本に関わるものすごく難しい問題ですけどね」

 渦中の公立福生(ふっさ)病院(東京都)の院長は、はっきりと、そして彼なりの「信念」に基づいていることを強く窺(うかが)わせながら語り始めた。確信的、あるいは確信犯的に……。...

記事全文を読む