「ボルタレン」が心臓病に効く――筑波大学研究グループが論文発表

IT・科学 週刊新潮 2019年3月21日号掲載

  • ブックマーク

「ボルタレン」が心筋梗塞に効く――。そんな論文が「ネイチャー・コミュニケーションズ」に載ったのは2月20日のこと。発表したのは筑波大学の家田真樹(まさき)教授の研究グループだ。

 家田教授らは9年前、iPS細胞を使わずにマウスの心臓で心筋細胞を再生させることに成功している。心筋梗塞は拍動の役目を担う心筋細胞が減り、線維芽細胞ばかりが残る。そこで、線維芽細胞に特定の遺伝子を入れ心筋細胞を作れるようにしてやるのだ。「ダイレクト・リプログラミング」という治療法である。...

記事全文を読む