「大杉漣さん」の急逝から学ぶ「突然死」を防ぐ手立て 予兆がなくてもCT検査

芸能週刊新潮 2018年3月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

異変から4時間で急逝の「大杉漣さん」(下)

 大杉漣さんが急逝したのは、2月21日午前3時53分。享年は66である。その死因は急性心不全とされるが、近畿大学医学部講師の榎木英介氏を始めとする医師らは、

「腹痛があったというので、急性心筋梗塞か大動脈解離の可能性が高い」

 と、考えられる疾病の名を挙げる。大杉さんの命を奪ったこの2つの病を防ぐためには、どのような対策を講じればいいのだろうか。

 ***...

記事全文を読む