籠池夫人が語った「借金取り殺到」「8万5千円年金暮らし」

社会週刊新潮 2019年3月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「国策捜査、そして国策逮捕、国策による勾留は絶対に許せません!」

 3月6日の午後2時すぎ、紺スーツ姿で法廷に立った籠池泰典氏(66)=森友学園前理事長=が、手書きの意見陳述書を読み上げる。補助金を騙し取ったとして詐欺罪などに問われた籠池夫妻の裁判は“全面対決”で始まった。

 が、そんな2人の私生活はというと、森友学園は民事再生中で、競売にかけられた自宅も追い出された。拘置所から出た後は、どんな暮らしをしているのだろうか。

 妻の諄子(じゅんこ)氏が明かす。

「今は、ある場所で借家住まいです。こないだ元の家に行ってみたら売り出し中の旗が立ってましたわ。買い手が見つからんのやね」

 そして、籠池夫妻は借金だらけである。

「森友学園の管財人からは1500万円払えと請求が来ているし、こないだも『りそな銀行』から金返せと手紙が来てました。可哀想なのは子供たちで、町浪(ちなみ)(長女)は、いきなり銀行から“口座を解約して欲しい”と言われたそうです。事件のことが原因やと思います」(同)

 刑事裁判の他に籠池氏は小学校の工事費の支払いを求められて藤原工業とも係争中だ。負ければ、これものしかかってくる。もちろん、そんな支払い能力はない。主な収入は諄子氏が2カ月に1度受け取る8万5千円の年金と、次女からの援助だと言う。だが、それでもあっけらかんとしているのが、この夫婦らしさというべきか。

「拘置所にいたときは、うつになりかけたこともありました。でもね、今は朝が来るたび“ええことあるぞ”って起きるんです。お父さんも犬の散歩やら弁護士との打ち合わせでやることは一杯ある。お金が無くてもご近所さんから、大根や白菜のおすそ分けをもらったりして、有難いなあと思う毎日ですよ」(同)

 で、最近、籠池氏が詠んだ句。

〈青柳、首(こうべ)垂れたり春のどか〉

 へこたれない2人と検察の闘いは始まったばかりである。