片づけを“宗教”にした「こんまりさん」はすごい(古市憲寿)

社会週刊新潮 2019年3月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ものを捨てるタイミングには、いつも迷う。

 最も楽なのは食品だ。消費期限が設定されていて、その期間内に手をつけられなかったものは捨てればいい。何せ下手をしたらお腹を壊す。消費期限を大きく超過した食べ物を大切に保管する人はいないだろう。...

記事全文を読む