「翔んで埼玉」大ヒットで注目される「さいたまんぞう」の不満 意外な事実を告白

芸能2019年3月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年3月、リクルート住まいカンパニーが発表した「[関東]住みたい街(駅)ランキング」ベスト10内に、埼玉県の大宮(9位)と浦和(10位)がにランクイン。もはや“ダさいたま”とは呼ばせないと県民が喜んだのも束の間、4月に発表されたのが「翔んで埼玉」(主演:二階堂ふみ、GACKT)の実写映画化だった。原作は30年前に発表された漫画だが、「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ」「埼玉県民が東京に行くには通行手形がいる」などなど、埼玉をディスる言葉に充ち満ちていて、県民を不安に陥れたのだ。...

記事全文を読む