2月14日「チョコによる支配からの卒業」(中川淳一郎)

ライフ週刊新潮 2019年3月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 季節はずれの話題で恐縮ですが、友人で自称「会いに行ける左翼」の千葉商科大学専任講師・常見陽平氏が「誰からもチョコレートをもらえないと、中年は辛い」というブログ記事を書いていました。同氏は今年、物心ついてから初めてバレンタインデーのチョコレートを一つももらえなかったそうで、深く悲しむ一方、「チョコによる支配から卒業できたようにも思えるし、所詮、チョコに振り回されていたのではないかと自分のことが惨めに思えたり」と新たなる人生観を得られたようです。...

記事全文を読む