眞子さまが断ち切れない小室圭さんへの思い 婚約“内定”強調で秋篠宮ご夫妻に反発

国内 社会 週刊新潮 2019年2月14日号掲載

  • ブックマーク

 1月31日の定例会見で、宮内庁の山本信一郎長官は、新天皇の即位に伴う皇族方のご公務の割振りについて言及。そこで明らかにされたのは、これまで秋篠宮ご夫妻が担われてきた三つのご公務を、5月以降は眞子さまが単独で受け持たれるということだった。

「今回の割振りは、とりも直さず“しばらく皇室からは出られません”という眞子さまへのメッセージでもあるのです」

 というのは、さる宮内庁関係者。眞子さまのご公務増加については、とりわけ皇后さまのご意向が強く反映されていると、御所の事情に通じるさる関係者は明かす。

 その背景に、小室圭さんとの結婚問題があることはいわずもがな。当の眞子さまは依然、小室さんへの思いを断ち切れないでおられるといい、1月22日に小室さんが公表した「母と元婚約者との間の金銭問題は解決済みだと理解していた」との趣旨の文書も、眞子さまだけは事前にご存じだったという。

次ページ:本籍秋篠宮家・現住所小室家

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]