番組スポンサーがバックアップ! 「ジャガー横田」長男の受験番組にオトナの事情

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年2月21日号掲載

  • ブックマーク

“偏差値40”の小学生が、家庭教師の指導のもと“偏差値71の超難関校”を目指す――。プロレスラーのジャガー横田(57)と外科医の木下博勝氏(51)の長男・大維志くん(12)のお受験企画が、昨年9月から8回にわたって「スッキリ」(日本テレビ系)で放送された。このほか特番も組まれ、視聴者の感動を誘ったわけだが、その裏ではオトナの損得が見え隠れして……。

 ***

 教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏に、日テレから出演依頼があったのは昨年のこと。オファーは断ったという。

「世の中学受験生は小4から塾に通って厳しい勉強に耐えています。半年で逆転できるほど甘くありません」

“志望校が一択である”“家庭教師のトライから選り抜きのプロ家庭教師が派遣され、受験まで付きっきりで合格を目指す”という点などに、大人の力学を感じてしまったという。

 トライグループは、「ご家庭からの依頼」を受け、「他塾と併用してご利用いただくことになった」と答えるが、日テレ関係者はこう語る。

「『スッキリ』のスポンサーであるトライの協力で受験をバックアップしたのです。トライの宣伝になるし、あそこの敏腕家庭教師を頼めば月50万円くらいかかるので、ジャガー横田一家は大助かり。ちなみに、トライの二谷友里恵社長の娘は、日テレの社員です」

 大維志くんは第一志望の「広尾学園」を3度受験して全滅していたから、果たしてトライの看板にプラスになったのかは定かではないが……。2月14日発売の週刊新潮で、結果的に大宣伝となった広尾学園の“言い分”とともに、番組のウラ事情を詳しく報じる。