木村佳乃「後妻業」で思い浮かぶ「大竹しのぶ」 “もう1人の木村”が適役だったか?

エンタメ2019年2月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 木村佳乃(42) の演じる「後妻業」(関西テレビ/フジテレビ系)の視聴率が下がりっぱなしだ。1月22日の8.7%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)に始まり、1月29日の6.5%、2月6日の6.2% と、早くも5%台が目前だ。

 東山紀之夫人による後妻業――よくも引き受けたものだが、それだけでも話題にはなる。だが、関東地区では回を追うごとに視聴率が下がるということは、やはり役柄が彼女には合っていないという証明か、それとも大竹しのぶ(61) と比べてしまうせいなのか――。

***

スポーツ紙芸能デスクが語る。

「どうしても比べちゃうんですよ、16年に映画化された『後妻業の女』(鶴橋康夫監督) と。原作は黒川博行の小説『後妻業』で、出版後に関西で同様の手口で殺された高齢男性が何人もいたという事件が発覚し話題となりました 。主人公の小夜子は、資産家の高齢独身男性に近づいて虜にさせ、後妻に入り込んでは遺産を巻き上げる結婚詐欺師。映画版では、結婚相談所代表という表の顔を持つ元締め・豊川悦司 と組んで、殺人もいとわない恐ろしい女を演じたのが大竹でした。 美人ではないけど、かわいげがあって、年寄りがコロッといっちゃうだろうな、と思わせるリアリティがありましたね。しかし、その裏側には闇があると思わせる、大竹得意の役どころで、陰惨になりがちな話を罪悪感のカケラもなくコメディタッチで描いたことで、興収15億円を超えるヒットとなりました 」

 16年といえば、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」の大ヒットが話題となったが 、そんな中、モントリオール世界映画祭(World Greats 部門)で上映されたのが、この「後妻業の女」だった 。その一方で――、

次ページ:年寄りが近付きがたい

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]