復活「しくじり先生」は成功しないと言われるワケ 目玉の「純烈」も出演拒否で暗雲

エンタメ2019年2月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

テレ朝お得意の“奇策”

 東スポWebは1月31日、「テレ朝系『しくじり先生』復活!目玉は純烈」と報じた。記事冒頭に「本紙の取材でわかった」とあり、スクープ記事であることを示している。

 ***

 番組の正式名は「しくじり先生 俺みたいになるな!!」だ。2014年10月に深夜番組としてスタートすると、たちまち人気を呼んだ。

 そこでテレ朝は15年4月に月曜午後8時のゴールデンタイムに昇格させ、17年4月からは日曜午後9時58分のプライムタイムに移動させた。

 ところが、移動から僅か4か月後の8月、テレ朝は「10月の改編期で終了する」と発表。一部の芸能メディアは「ネタ切れ」、「マンネリ」といった否定的意見を紹介した。

 東スポによると復活は今春、「放送曜日は未定で、深夜帯になる見込み」という。一度、打ち切った番組を復活させるわけだ。

 さる民放キー局の制作スタッフは「普通のキー局にとっては“邪道”ですが、テレ朝が好む“奇策”です」と指摘する。

「昨年は『ナニコレ珍百景』を復活させています。また今年は『金曜★ロンドンハーツ』を深夜枠に降格することも発表されました。ただ、率直に言って、『しくじり先生』が再ブレイクする可能性は低いのではないでしょうか。東スポの記事には『純烈の出演が目玉』とありましたが、リーダーの酒井一圭(43)さんはツイッターで否定しました。幸先としてはよくないですよね」

 もちろん、テレ朝も思いつきで復活させたのではない。しっかりと“事前調査”を行っている。具体的にはレギュラー放送が終了しても、昨年2018年には1月、10月、12月の3回、単発番組として放送を行ったのだ。

次ページ:「視聴者が想像できる顔ぶれ」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]