“テレビ番組としてヒットさせる”と自らに足枷をかけた「最後のイゾラド」 対談・国分拓×角幡唯介

IT・科学 2019年2月7日掲載

  • ブックマーク

 アマゾンで100年語り継がれる伝承を書いた『ノモレ』、北極圏の闇夜を80日間ひとりで冒険した記録『極夜行』。8年前に大宅壮一ノンフィクション賞を同時受賞したNHKディレクター・国分拓さんと、ノンフィクション作家、探検家・角幡唯介さんが、今あらたに目指す到達点とは。第1回は、映像と書籍の違いについて。

 ***...

記事全文を読む