“利権の島”めぐる黒い疑義 防衛省が「馬毛島」買収に160億円

社会週刊新潮 2019年1月24日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 鹿児島県は種子島の西方に浮かぶ馬毛島(まげしま)。かの平和相互銀行が実質所有していた1980年代、自衛隊基地として売却しようと政界工作に勤しみ、20億円が永田町に撒かれた逸話も残る。95年に東京の立石建設の所有となって以降は、立石勲社長(当時)が米軍の離着陸訓練施設の誘致や普天間飛行場の移転受け入れを表明し、政府との間で売却をめぐる話し合いも持たれた。...

記事全文を読む