被害者に寄り添う「正義感」が冤罪を生む?

社会2019年1月30日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 99.9パーセントの被告が有罪になるという、日本の異様な刑事司法のなかで、14件もの冤罪を晴らしてきた異色の弁護士、今村核氏に密着取材して『雪ぐ人』(NHK出版)を上梓したNHKエデュケーショナル・ディレクターの佐々木健一さんと、「うちの息子がひどいいじめを受けた」という保護者の「嘘」によって窮地に追いやられた教師たちの苦闘を描いたルポ『でっちあげ』『モンスターマザー』の著者・福田ますみさんに語り合ってもらった。第三回では弱者に寄り添い、「真実」を求める「正義感」の危うさについて。...

記事全文を読む