「嵐」活動休止 “大野だけ脱退”ができない事情と“メンバー結婚”の可能性

エンタメ 2019年1月27日掲載

  • ブックマーク

メンバーの結婚は?

 活動休止を受け、早速、SNS上にはファンからは悲しみの声が溢れている。こうした投稿のなかに見られるのが、休止を機にメンバーの結婚の動きがあるのではという“懸念”である。

「公式発表前に活動休止の話をキャッチしていましたが、最初に考えたのは二宮(和也)の結婚のことでした。伊藤綾子アナとの交際が報じられていますが、二宮本人は『結婚したい』と周囲に明かしています」

 こうスポーツ紙関係者は明かすし、先の民放幹部も、

「松本(潤)と井上真央がどうなったかは、いまいち見えてきませんが、桜井(翔)とテレビ朝日の小川彩佳アナの例もありますからね。ここ1年間ほどはメンバー全員が結婚願望を口にしています」

 というから、ファンの胸中は穏やかではない。しかし希望(?)を持てる話もあって、

「ではグループの活動休止でソロになったことで、ジャニーズがすんなりOKするかといえば、それも違う。引き続きアイドルではあるわけですから。事務所の視点、そしてファン目線を考えてみても、嵐のメンバーが結婚して祝福されるのは45歳を越えてからの話でしょう。それまでは簡単に、結婚の許しが事務所から出ることはない。“デキ婚”でなければ、ですが……」(同・民放幹部)

 油断はできないが、絶望することもないというところだろう。

 今年、そして来年は、“嵐”の年になりそうである。

週刊新潮WEB取材班

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]