「鯨食文化」の復活は? 日本のIWC脱退で注目、小型捕鯨船会社の戸惑い

社会週刊新潮 2019年1月24日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 その昔、鯨の竜田揚げといえば学校給食でお馴染みのメニューであり、飲み屋には鯨ベーコンが当たり前のように置いてあったものだ。日本人にとって身近だった鯨肉が、日常の食卓に戻ってくるのだろうか。...

記事全文を読む