ミヤネ屋出演で「前澤社長」の視聴率は絶好調、剛力彩芽との“商品価値”が逆転!?

芸能2019年1月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“本業”は正念場

「ヒンシュクは金を出してでも買え」――幻冬舎の新聞広告に掲載された傑作コピーとして、今もご記憶の方は多いだろう。そして現在の日本で、この“テーゼ”に最も忠実な人物といえば、ZOZOの前澤友作社長(43)をおいて他にはいない。

 ***

 とにかく前澤社長は、ニュースになることが多い。年末年始のトピックを振り返るだけでも大変だが、まずは1月5日に自身のTwitterで「100人に100万円の現金プレゼント」を発表した。リツイートを条件の1つとすると、554万RTの世界記録を達成したことは記憶に新しい。

「宣伝費と考えれば安い」と理解を示す声もあったが、1億円をばら撒くセンスには疑問の声が少なくなかったのも事実。まさに顰蹙を金で買ったのだ。

 本業では、12月25日にオンワードがZOZOTOWNでの販売を中止。年が明けると、週刊新潮の取材にミキハウスも離脱を表明した(デイリー新潮「前澤社長が1億円バラ撒きも…進む有名ブランドの『ZOZO』離れ ミキハウス社長も撤退明言」1月16日)。

 今後に悲観的な見通しも根強く、昨年7月18日に4875円の高値をつけた株価は、今年1月4日に1888円まで下落。21日現在で2265円まで回復したとはいえ、それでも下落率は50%を超えている。

 プライベートでは、1月17日にデイリースポーツが報じた「前澤氏、ツイッターのプロフを変更『剛力彩芽さんが彼女』などが削除」の記事を自身のTwitterで引用。「世界一どうでもいい。。。」とのコメントを付けてツイートした。だがネット上では、「どうでもいいならなぜリツイートするのか」といったツッコミが相次いだ。

 その一方で、最新ニュースは“美談”だ。TBS系列のワイドショー「サンデー・ジャポン」(日曜・午前10時~午前11時22分)が13日、アメリカで心臓の移植手術を行うため3億5000万円が必要な幼児について報道した。

 これに前澤社長が反応。寄付を募るツイートを行い、「個人的な寄付を行い、RT1件につき、自分が更に10円を寄付する」と宣言。これが功を奏したのか、目標金額に達成するメドが付いたと、日刊スポーツが報じた(「『サンジャポ』前澤氏の尽力効果で3歳児心臓移植へ」1月19日電子版)。

 こうした“発信力”を評価する向きもあるらしく、サッカー元日本代表・中田英寿氏のマネジメントで知られるサニーサイドアップが前澤社長の“芸能活動”を担当することが明らかになっている。女性自身は1月6日(電子版)「剛力彩芽 恋人社長も芸能界へ!大手PR会社窓口で営業も開始」と報じた。

 これに対して恋人の剛力彩芽(26)だが、少なくとも芸能活動は苦戦を強いられている。まず山崎製パン「ランチパック」と、ヤクルト「ジョア」のCMを降板。所属事務所であるオスカープロモーションの年賀状からも姿が消えたと報じられた(デイリー新潮「1億円『前澤社長』の陰でオスカー年賀状から消えた『剛力彩芽』 業界で囁かれる噂」1月17日)。

 こうなると今年2019年、芸能人としての売れ行きも前澤社長が剛力を上回る可能性がある――こんなことを書けば冗談と受け止める方が大半だろうが、実は真面目な話なのだ。

次ページ:「好感度が高い」という説も

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]