遠くなる「昭和の戦争」とマンガの力:おざわゆき『あとかたの街』

ライフForesight 2019年1月22日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 『あとかたの街』(おざわゆき、講談社)は、第2次世界大戦末期の名古屋市を舞台とする名作だ。著者は2015年度に本作とシベリア抑留に材を取った『凍りの掌(こおりのて) シベリア抑留記』(講談社)の2作を対象に、日本漫画家協会賞の大賞を獲得している。

もうすぐ平成が終る

 今回、当欄で本作を取り上げようと考えた理由は3つある。

 2つは個人的なもので、私は、著者おざわと同じ名古屋生まれ・名古屋育ちだ。名古屋の街が空襲で焼き尽くされたことは、学校でも詳しく習ったし、歴史関連の展示イベントなどで空襲直後の写真などにも、他県出身者よりは多く接する機会があった。...

記事全文を読む