竹内結子主演「QUEEN」第2話は視聴率5.8%に急落 原因はキャスティング失敗説

エンタメ2019年1月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 竹内結子が6年ぶりとなる連ドラ主演で話題のドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)。第1話の視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)とまずまずの滑り出しだったが、17日に放送された第2話は5.8%と急落してしまった。

 お気の毒なことに、早くも失敗作の烙印が押されているという。果たしてその原因とは――。

 ***...

記事全文を読む