ウズベキスタン戦は森保監督のギャンブル成功 勝因は30代“オッサン4人組”

スポーツ2019年1月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

勝負所を押さえていたベテラン

 アジアカップのグループリーグF組最終戦が1月17日にUAEのアル・アインで行われ、それまでグループ2位の日本は首位のウズベキスタンに2-1の逆転勝ちを収め、3連勝で首位突破を果たした。日本は1月21日の決勝トーナメント1回戦でEグループ2位のサウジアラビアと対戦する(現地時間15時・シャルジャ)。

 ***...

記事全文を読む